search
top

年が1こ増える季節。

ボクとこは2月の末からでんでん雪が降りまてん。山にある麦じいじとこの雪もとうとうなくなりました。

山の上に積もった雪が夕日を反射してキレイでしょ。(長野側は朝日がキレイでつが立山は夕日がキレイなんでつ♪)↓  ↓

1木の枝から見える山

・・ところでボクは3月生まれなので3月になると年が1こ増えまつ。ミドルエイジになると年が増えてもあまり嬉しくありまてんが、なかなかいい年のとり方をしてると自負してまつ。

厳重にパトロールをするボク。↓  ↓

2お散歩日和

最近、ブチ猫がやって来てあちこちにスプレーするのでつ。

イケメンで少し兄ちゃんに似ていまつ。↓  ↓

P1190383

・・野良猫や犬さんの匂いを消すのは大変なんでつよ。(´・ω・`)

この間はオシッコが足りなくなったのでうんこをしたんでつから。↓  ↓

3おしっこ

それにしてもなんでボクのテリトリーはオスばっかり来るんだろー。

今は亡き稲造とかニセ兄ちゃんとか変なのばっかでつ。環境ホルモンでオスしか生まれなくなってしまったのかなぁ?

パトロールの合間に雪解け水を飲むボク。↓  ↓

You need to install or upgrade Flash Player to view this content, install or upgrade by clicking here.

【 今日のお話。】

パパはお店のビールの前で足を止めて”美味しそうだなぁ~。”っと言いました。麦彩(ムギイロ)っとかいう安いビールでつがパパの好きなデザインだったようでつ。

ままが”美味しいのかな。”っと言うと、”どうせ○○る(知り合いのウエブデザイナー)みたいな奴がデザインしてるんだろっ。”っと言いました。(美味しそうに見えるけど中身はどうだか分からないってことでつ。)

【 今日の画像 】

最近夕飯時に麦じいじのとこに行くと、くま子がダイニングチェアに座っていました。

完全にフナ族の子供になっていまつ。写ってまてんが横には麦ばぁばのばぁばが座っていまつ。 ↓  ↓
6食卓につくクマコ

読書する麦じいじの肩を利用して外を眺めるくま子。

フサフサなので体がでっかく見えまつ。何キロあるんだろー。

7外を見るくまこ

【 今日の漫画 】

こわれたオフクロと子猫のミイ  山崎浩

”ちょっとヒマが出来たので、前々から描こうと思っていた

認知症になったウチの親の漫画描いた。”そうでつ。

ボクんちのパパとママも最近物忘れがひどいんでつ。

壊れてきてるのかなぁ・・。(´・ω・`)

https://togetter.com/li/1084462




この記事を見た人は、こんな記事も読んでいまつ。

11 Responses “年が1こ増える季節。”

  1. 蕨のじいじ より:

    おはよーたん

    くま子ちゃんは毛が長いみたいでつねぇ。
    黒いネコはお目目としっぽくらいでしかみわけが
    つかないのでじいじは苦手でつ。しおちゃんとも見分けつかないでつ。

    認知症のマンガみたでつ。
    じいじの母親は90歳くらいで脳梗塞に成り、
    認知症状態に成ったでつが、自分でもらってきた
    ミーコちゃんも忘れてしまって、ミーコちゃんもばあばの事を忘れてしまったみたいでつが、その他はじいじの母親と似ているでつ。
    じいじも20年くらいたったら認知症になるでつかね、
    あるいはもっと早いかもちれまてん。
    あ~あぁ やだやだ。

  2. 蕨のじいじ より:

    追伸でつ。朝は忙しかったので。

    明日は3月3日で明後日は3月4日でつ。
    そ~なんでつよ。蕨のじいじと麦ちゃんのお誕生日でつ。じいじは68歳なっちゃうでつ。
    昔は68歳の人をみると、とんでもないジジイと
    思ってまちたが、いざ自分がその年になると。
    まぁだまぁだって感じでつね、50歳くらいの感覚ですよ、仕事をやめたら何をすれば良いか不安で不安でつ。

  3. 麦ちゃん より:

    >蕨のじいじ様

    はろー♪
    しおちゃんと見分けつかないでつか・・。
    そういえばしおちゃんってアメリカ在住だったんでつね~。お外にいけないしパパの仕事が忙しいからちょっとかわいそうでつ。ボクとこみたいにずっと家にいて近所の人から無職と思わりてるのもどうかと思いまつが・・。

    ・・ミーコたんはじいじのお母たんがもらってきたでつか。人間は嫌なことから忘れていくので認知症になったらハッピーに暮らせるんでつ。麦じいじのお母たんも怒りっぽかったけど認知症になったら楽しく暮らしてまつよ?
    それに麦ちゃん日記を読んで脳が柔らかく若返った人は認知症にならないのでつ。こりは本当でつ。だって読者で認知症になった人いないんだもん。(2017年現在。)

    ・・明日は両津勘吉のお誕生日でつか。その次がボクと蕨のじいじのお誕生日でつね。
    ままが言うには昔は30歳っというと、とんでもないババアと思ってたけど その年になると”なんだ、若いじゃん。”っと思ったそうでつ。多分68歳になってもそう思うんじゃないかなぁ~~。

    ・・仕事をやめたら違う仕事をしてみたら面白いでつ。最果て署ではパトロールする人を募集してまつよ。業務はテリトリーの境界にオシッコすることでつ♪

  4. mugi より:

    >mugijiji

    Today Translations, a major London-based translation agency, is recruiting an “Emoji Translator” for a new specialist position. Details are currently available on their website.

    Text messages are an excellent internet-based communication tool. On the other hand, one aspect of this type of communication is that messages are likely to be short and direct and may cause misunderstanding. Thus the “emoji (pictograph)” has come to attention as a means of expressing emotions that are hard to convey in text messages.

    It is said that the current emoji culture evolved from the “i-mode emoji” uniquely developed and implemented by NTT docomo, Inc., the largest cell phone provider in Japan, in its “i-mode” internet service in 1999. Afterward, emoji was implemented in Apple’s “iPhone”, and the “emoji” soon became a popular mode of conveying emotions in text messages throughout the world.

    There are differences in how people perceive emoji depending on their language and culture. Acknowledging this, Today Translations is searching for an emoji translator with a high capability in overcoming these hurdles. The emoji translator is potentially an “up-and-coming profession” for a new generation of people.

    https://www.todaytranslations.com/emoji-translator-specialist

  5. 麦じいじ より:

     くま子は外を見るのが好きです。雪を眺めるのも好きなようですが、最近は、わが家の庭の木で遊びまわる小鳥に、とても関心を持っています。というよりも、これは本能から来ているのかもしれませんが、小鳥が近くに来ると武者震いをして、戦闘態勢に入っているようです。歯をカチカチ鳴らしながら、今にもとびかかりそうな雰囲気です。もう少し平和的で友好的な雰囲気を出してもらった方がいいように思いますが・・・
     麦ちゃんはどうですか?小鳥を近くで見ると興奮しまつか?
     ようやくわが家の庭の雪も解けかけてきています。まだ玄関の横の雪山は2メートルほどありますが、そのほかの庭の雪はなくなってきました。
     ぼちぼちフキノトウが見えてくるかも。

    雪解けて芽生えの予感陽だまりに  均子

  6. 麦ちゃん より:

    >麦じいじ様

    くまこは鳥が好きでつか。
    猫はみんな鳥が好きでつ♪麦じいじの息子もチキンが大好きでチキンを見ると武者震いをしてまつよ?コンビニに行くと鋭い目つきでレジの近くにあるからあげクンを見つめていまつ。

    麦じいじだってグミを食べるムクドリに対して戦闘的ではありまてんか。もっと平和的で友好的な雰囲気を出してもらった方がいいように思いまつ。
    親子でケンタッキーフライドチキンの店に行って、”どうすれば鳥さんと共栄共存できるか。”っという深淵なテーマについて語り合ってはいかがでつか?

  7. くま子 より:

    私は実はスマートなんですよ!4、3キロしかありません

    の♪ゴージャスな毛皮のコートをまとっているってとこか

    な(=^・^=)素敵な花束ありがとうございました。みかんは

    枝に刺して鳥どもをおびき寄せます((≡゚♀゚≡))

  8. 麦ちゃん より:

    >くまこ様

    自称ノルウェージャンのくまこたま。w(別にディスってるわけではありまてん。)

    ノルウェージャンは北欧神話の中で、雷神が地上から猫を連れ去ろうとしたら、重くて連れ去ることができなかったという話があるんでつよ~~。
    4.3kgは女の子にしたら大きい方でつ。(1歳にもなってないのにきび太と同じじゃないでつか~。)

    高級みかんを鳥にあげたらだめでつ。ヽ(`Д´)ノプンプン ありは”せとか”っというおありがたいしろものなんでつ!!

  9. じろう より:

    くま子さんのお目めはビー玉のようにクリクリでかわいい。

    麦ちゃんはミドルエイジなんですね。ボクの飼い主さんたちと同じです。できるだけ若い子としゃべって、元気を分けてもらおうとしています。うっとうしがられてなければいいけど。

  10. 麦ちゃん より:

    >じろう様

    おおお~!!じろうたん。
    元気だったでつか。
    くまこはクリクリお目々がかわいいでつが上目遣いだけで生活できるとは大したものだといつも感服してまつ。
    じろうたんも仕事で上司に上目遣いをしてみたら給料ふえまてんかねぇ??
    ・・飼い主さんはボクと同じミドルエイジでつか。最近は高齢化でつから60代後半で死んでも”若くして亡くなった。”っと新聞に書かれてまつよ~~。
    っというわけで3,40代はめちゃめちゃヤングなのでつ。10,20代は方向が定まらずパワーが分散してるので無駄が多いと思いまつ。20代以下の人たちには自信を持って”私を見倣うものとなりなたい!!!”っと言いましょう。にっこり。

    ・・ところで近いうちにミドルエイジの集まりしまてんか?

  11. じろう より:

    \(^ω^)/いいですね〜。
    飼い主さんよろこんでます。

 ↓ コメントかいてくれるとうれしいでつ。

CAPTCHA


top