search
top

ぼくとにいちゃんのしゅうしょくについてのこうさつ

ぼくは小さい時から げりをしたり、うんちに ちがついたりしてたので びょういんに行ったとき先生に”麦ちゃんはお腹が弱いのかな?”と言われました。
いまにしておもえば、ずっとおなかに虫をかってたのかもしれないでつ。

ママはふんぱつして お腹が弱い子用のぷれみあむふーどをかいました。(ぷれみあむふーどは人間の米よりずっと高いのでつ。)
今はなおってるけど、ひきつづき買ってもらってまつ。
にんげんの食べ物でも いろいろもんだいが起こるごじせいでつから・・。

にいちゃんはふとってるけど いがいと体はよわいでつ。
あかちゃんの時から、おしっこに ちがまじってたりしたので
ぷれみあむふーどを食べてます。
ママが一度ふつうのふーどにかえたら、すぐさいはつしたので
それいらいストルバイトとシュウさんカルシウム結石のさいはつのりすくを低くするふーどを食べてまつ。
(これはぼくのいじょうに高いでつ。)

それでぼくらは ざいせいをあっぱくしているので ”じゃらんではたらいている、にゃらんみたいにはたらいてきなさい”とママに言われました。

にいちゃんは にゃらんににているので じゅようはありそうでつ。それににいちゃんは しゃしんうつりがすごくいいのでつ。
(じっさいいじょうに かわいくうつります。)

でもぼくはほんとはきゅーとなのに かわいくうつりません。
なんだか目つきがわるくうつってしまいます。

にゃらんはむりとして、”たま駅長”みたいになれるといいな、とおもいますが、もより駅は むじん駅なので駅長はぼしゅうしていないとおもいまつ。

今はみなさまがぐーぐるをぽちっとおしてくれたおかねでなんとか生きていまつ。
このばをおかりして みなさまにかんしゃいたしまつ。

パパは”あし~たがある~♪”という歌の かえうたを作って
”なん~とかなる~♪♪”と歌ってまつ。
(それを聞いていると ぼくもなんとかなりそうな気がしてきました。)

・・というわけで、今日もげんきに にいちゃんとけんかしてまつ。
ぼく強そうでしょ?




この記事を見た人は、こんな記事も読んでいまつ。

.

top