search
top

麦ちゃんの雪国情報 ぱーとⅡ

”寒い日は寝るに限るよ♪”っと兄ちゃんと言ったのでボクもごはんをたべる時いがいはずっとねてました。

パパも昼帰ってきて ”何だかつかれた~”っと言ってずっとねてました。ママはいつもねむたいので、どようびはかぞく4にんで ごろんごろんしてました。

ほかのかていも こんなふうにだら~ん、、っとしてるのかなあ??とおもうきょうこのごろでつ。。

(雪国情報)———————-
富山のどうろには袋に入った塩が置いてあります。
何に使うのかというと、凍結防止剤として使います。
水は0℃で凍り雪や氷になりますが、その凍る温度のことを凝固点といいまつ。

塩化ナトリウムは凝固点がマイナス21℃で塩化カルシウムはマイナス 51 ℃まで下がるのでつ。冷たくなるけどこおらないのでつね~。でもまいてあるどうろを通った後は車を洗わないとだめでつ。

塩カルはコンクリートをれっかさせるのでおにわや、ちかくに植物があるところは まいたらだめなのでつ。

パリの郊外なんかにもどうろにおいてまつがつかってるのかなぁ??
———————-

スノーモビルで走れると楽しいのになぁ~♪

(雪国情報)———————-
日本の気象観測所で 富山県富山市真川 1945年2月26日
750cmの積雪がかんそくされてまつ。
そういえば、白岩在住の80歳のおばあちゃんが
”小学校にいくとき、トンネル掘って行った、”
って言ってたよ。すごすぎでち・・。




この記事を見た人は、こんな記事も読んでいまつ。

.

top