search
top

わりと忙しい今日このごろ。

みなたま こんにちはでつ~~♪

ボクとこは寒波がきてもでんでん雪がつもりまてん。

今日は春みたいに暖かくなったので ひさしぶりにみんなでぱとろーるに行くことにしました。

ぱとろーるの前の集まりでつ。 ↓  ↓  ↓
1打ち合わせ_R

きび太は田んぼへ稲刈りに、

2きび太は田んぼに_R

兄ちゃんは川におせんたくに行きました。

ボクはお庭のぱとろーるでつ。 ↓  ↓  ↓

3僕はお庭ぱとろーる_R

稲造の派出所はそのままありますでつ。

ときどき来て無料のカプセルホテルみたいに利用してるようでつが今日はいまてん。

おそる_ おそる

こりはいままで花をつけたことがないらいらっく・・。

今年はどうかなぁ、、っと思いながらツボミを食べました。(味見したら分かるとおもったんでつ。)

そしたらパパに”ツボミを食うなんて雷鳥みたいなやつだな。”っと言われました。 ↓  ↓  ↓

コリッ

お庭のぱとろーるから帰ったら家事手伝いでつ。

_ハンガー_いりまつか?

そりからピアノのれっすんでつ。

こりが _ド__でつか。

ママに”目指せランラン!!”っと言われましたでつが、5秒練習したらイヤになってやめました。

・・ランランで思い出したけど、麦ばぁばのおばちゃんは1953年に単身中国に渡ったんでつ。

1953年、っといえば毛沢東がソ連型社会主義化をすすめていったタイヘンな時でつ。そして文革のときは中国人のオットがころさりてしまったそうでつ。

*****麦ばぁばのおばちゃんの記事*****

日中国交正常化20周年のとき、NHKは「滕穎(トンイン)さんの二つの祖国ーー 草の根日中友好史」を題した45分の番組を放送した。

滕穎教授の著書を編集しているとき、初めてこの番組を拝見しました。その年は、滕穎教授の中国在住40周年、45分間の番組は滕穎教授の中国における奮闘ぶりを詳しく紹介されています。

番組の冒頭に紹介された内容によると、滕穎教授は「中国の国会議員ーー中国政治協商会議全国委員」を一期務めました。筆者の知ってる限りは、日本人の方が中国の政治にここまで関わった方は、なかなか珍しいです。

*****日本僑報電子週刊 第180号(号外)*****

椅子のうえでぽか~~ん、、っとするボク。 ↓  ↓  ↓

8椅子で休憩_R

こりはママお気に入りの ”クルシアナ シンシア”っというミニチューリップ。 
↓  ↓  ↓

9ちゅーりっぷ_R

きょうもつかりた~~。

ボクはきょうもパパの腕の中でぐっすりねむりますでつ♪

パパの眉毛が1本だけ3cmのがぴよ~~ん、っとなってるのを見ながら眠りに落ちました。 ↓  ↓  ↓

10パパとねるボク_R

【 きょうの動画 】

2002年サッカーW杯日韓大会でトルコの3位躍進に貢献したイルハンが、フィギュアスケーターに転向。現在競技歴は約3年。残念ながらソチ五輪出場はなりまてんでした。

こり


【 世界の珍名 】

うんこびっち元駐中国大使(ユーゴスラビア)

がんばり国連事務次長(ナイジェリア)

抱っこ大統領(中央アフリカ共和国)

たのむ首相(タイ)

ちっちゃい副首相(タイ)

ヒッキー大佐(アメリカ)

【 最近話題になっている呟きてんこもり 】

こり

top