search
top

げいじゅつの秋 (その1)

さいきんボクのおさんぽの時間は夕方が多いでつ。

おそらをながめると夕日もまいにちちがうからおもしろいでつ。

すすきと ひこうきぐも。

↓  ↓  ↓

1

はんたいがわは、こんなかんじ~~。

(パパが”山もきれいだよ。”っと言って撮ってきたんでつ。)

↓  ↓  ↓

2

このときボクは何をしていたかというと、たんぼの見回りでつ。

今回は農家のおじさんがかってに しんにゅうした形跡はありまてんでした。あんしんしましたでつ。

巡回ついでに葉っぱを食べるボク。(食欲の秋なんでつ。)↓  ↓  ↓

にっき3_570

このあいだ、見たことのない白にグレーのしっぽのネコが裏庭に侵入してたので厳重にマーキングしまつ。

パパはこれを見て”ぶさかわいい。”っと言いました。失礼でつ!!↓  ↓  ↓

にっき4_570

もっとテリトリーをひろげようとおもって、2階のまどから出てこんなにはしっこまできたんでつ。

下に飛び降りれそうだったけどこわいのでやめました。たまたま外に出てたパパがボクを見つけて”またあんなところにいる!!”っと言って ボクを救出しました。そしてボクはまたおこらりました。↓  ↓  ↓

にっき5_570

あ、カマキリさんだ、っと思いました。なつかしいスパイダーマンごっこをしてまつ。

でも声をかけたらカマキリさんは死んでましたでつ。この間赤ちゃんかまきりで生まれたばっかりなのに(TT)

今コクーンにいるカマキリの赤ちゃんたちも来年の今頃はいないんでつね・・。↓  ↓  ↓

にっき6_570

かまきりさんを見てたらゴーギャンの絵を思い出しましたでつ。『われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか』っというタヒチの絵でつ。

****ゴーギャン****

西洋文明に絶望したゴーギャンが楽園を求め、南太平洋にあるフランス領の島・タヒチに渡ったのは1891年4月のことであった。しかし、タヒチさえも彼が夢に見ていた楽園ではすでになかった。タヒチで貧困や病気に悩まされたゴーギャンは帰国を決意し、1893年フランスに戻る。叔父の遺産を受け継いだゴーギャンは、パリにアトリエを構えるが、絵は売れなかった。

一度捨てた妻子にふたたび受け入れられるはずもなく、同棲していた女性にも逃げられ、居場所を失ったゴーギャンは、1895年にはふたたびタヒチに渡航した。タヒチに戻っては来たものの、相変わらずの貧困と病苦に加え、妻との文通も途絶えたゴーギャンは希望を失い、死を決意した。こうして1897年、貧困と絶望のなかで、大作『われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか』を仕上げた。(wikipedia)

ボクの一生もにんげんから見たら短いし、にんげんの一生も地球から見たらず~~っと短いでつ・・。ダンボールの中でじんせいについてかんがえるボク。↓  ↓  ↓

にっき7_570

でも考えてるうちにねてしまいました。(あたまを使うと疲れるんでつ。)

↓  ↓  ↓

にっき8_570

パパとママはこんどピアノコンサートに行くそうでつ。動物は入れないのでボクは行けまてん。家で音痴のすずめさんのうたを聞くしかなさそうでつ。

パパは小学生の時にピアノを習ってたんでつ。発表会にも出たんでつよ。ギターをひくようになってピアノをさわらなくなりました。でもさいきん毎日ひくようになってマッコイタイナーの”酒とバラの日々” をれんしゅうしてまつ。

ママはピアノが好きでつが世間ではママのようなのを ”下手の横好き”っというそうでつ。目指してるレベルはYouTubeで上手にピアノを弾いてる小学生 でつ。現在のレベルはかんたんな曲をへたくそに弾く ていど。一日の練習時間は約10分~40分でつ。

小学生でもすごくうまいんでつね~!!こりはショパンのエチュードをひいてる小学生でつ。(う~ん、、小学生レベルは高望みかもでつ・・)

http://www.youtube.com/watch?v=6-owL1vM4nE

ある日、ママがすごくいいピアノ曲を聞いたので、誰が弾いてるんだろう、っと思って調べたらランランだったのでつ。パパとママのお気に入りはこれでつ。力強くて装飾音がいっぱいついた、ランランの良さが引き出される曲でつね♪♪

http://www.youtube.com/watch?v=CDVtuVBDRwc
英雄ポロネーズ

ボクはピアノのことわからないけど ランランが楽しそうに踊りながら弾くのを見るとボクも楽しくなるでつ♪

ばぁばがくれたバラ。2週間目に突入してまつが まだ元気でつよ!!(ばぁばの生命力を象徴しているようでつ・・。)

↓  ↓  ↓

にっき9_570




 ブログ一周年記念キャンペーン第二弾♪ 


ブログ一周年記念キャンペーン第二弾は
パパの好きな”自家焙煎コーヒー キリマンジャロAAスノートップ200g”


タンザニア産のコーヒーは、芳醇で甘酸っぱい風味のコーヒー。
その中でもひときわ大粒で気候条件に恵まれたアルシャ地方の高地だけに産する極く少量 のコーヒーは、
最高級品との意味合いからSNOW TOPと呼ばれています。

2名様にプレゼント!応募フォームに必要事項を記入して申し込んでくだたい♪ (豆と粉どっちがいいか書いてね。)
到着は12月中旬頃でつ。(当選発表は商品の発送をもってかえさせていただきますでつ。)

ボクの生い立ち。(その5)

最近は最高気温が20℃だったり、最低気温が3℃だったりで、体調をくずしてる人が多いようでつが みなたまはどうでつか?

ボクは多分生まれてから一度も風邪をひいたことがありまてん。(なんとかは風邪をひかない、っと言う人もいまつが例外もあるんでつ!)
今日2階から外をながめてたら すずめの大群がいました。去年といっしょでつ。11月になるとすずめが大量発生しまつ。

パパが以前住んでたところではハトが大量発生して家がうんこまみれになってたそうでつ。そして隣の人が ”洗濯物にうんこがかかる”っと苦情を言ってきました。それにくらべると ここのすずめは時々パパの車にうんこを落とす程度なのでましでつ。

previewtoplevelfileimage

日が照ってきたので すずめさんに会いに外にでました。
そしたらジャスミンのはっぱがきれいだったので くんくん匂ってみました。(花は咲いてないので匂いはしませんでしたでつ。)
↓  ↓  ↓

2_570

でも じゃすみんを匂ってたら自分が何のために外に出てきたのか忘れてしまいました。
それで家の中に入ってしまいました。ボクは短期の記憶力がていかしてるのかもしれまてん。パパのようにまだらぼけにならないように注意しないと、っと思いました。(パパはボクはまだらぼけじゃない、っと主張してまつでつが・・)
↓  ↓  ↓

3_570

ボクの生い立ちはとうとう今日でラストでつ。ボクのカワイイ赤ちゃん時代をじっくり堪能してくだたいね♪
なんだかネズミみたいな顔でつが、ネコは生まれたばかりのときは耳が丸いんでつ。
↓  ↓  ↓

1

お兄ちゃんに飲ませてもらったミルクがおいしくて ぺろ、っと舌をだしてるところ。今でも時々ミルクをのんでる夢を見まつ。そういう時はチャッチャッチャッっと音が出るので、他の人にミルクの夢をみているのがばれてしまいまつ。

ママは喫茶店でコーヒーを飲んでる夢をよくみるそうでつ。パパはどんな夢を見てるのかなぁ~。(焼き鳥を食べてる夢かなぁ。)

2

食後はソファーの下を確認。爆発物は発見されまてんでした。
↓  ↓  ↓

おいたち3_570

不審人物がいないかソファーの陰から再度確認。ボクの適性はSPかもでつ♪
↓  ↓  ↓

おいたち4_570

風の強い日。ボクのヒゲがなびいてまつ。
この頃、ボクのヒゲは細くてのびたラーメンみたいなかんじだったんだけど、立山にきて2年くらいしたら兄ちゃんと同じくらい太くて張りのあるヒゲになったんでつよ。おなかの悪い子用のフードを食べだしてから良くなったみたい。
立派なおとなのしんぼるでつ。↓  ↓  ↓

おいたち5_570

生後3ヶ月。この頃から身なりにも気を遣うようになってきました。

↓  ↓  ↓

おいたち6_570

立山のベランダで。
↓  ↓  ↓

a

時々じいじとばぁばの家の近くに遊びに行きました。ここはママのお気に入りの場所でつ。なぜかというとママの家の匂いと同じ匂いがするからでつ。にんげんもけっこう匂いに敏感なのかもでつ。ボクもここはだいすき♪♪ 誰もいないんだもん。(熊が出るんでつ。)

↓  ↓  ↓

b

なぜかソファーの上で整列してる兄ちゃんとボク。

↓  ↓  ↓

4_570

ところで”麦ちゃん日記一周年きゃんぺーん”第一弾のお知らせでつ。
キュートなボクの壁紙がダウンロードできるようになりました!!毎日ボクの顔をみながらパソコンを楽しむことができまつ♪

他にも作る予定なので楽しみにしてくだたいね♪♪

今回きゃんぺーんのぷれぜんとを何にしようか考えてたら こんなのを見ましたでつ。
リアルでつ~!!動画はこちら。

ずっとまえ電総 研に行った時、いちばん初期の南極越冬隊員だった人が自己紹介してくれたのを思い出しましたでつ。
南極に行く前に友達が”南極の氷を持って帰ってくれよ。”っと言いました。(今は極地クルーズなどのツアーがたくさんありまつが その頃はシャトルで宇宙に行くようなかんじだったのでつ。)

南極の氷は気泡を多く含んでるので白く見えまつ。その気泡が高圧だったらコップの中で水割りにしたとき、ピチピチはじけるんでつ。(注:氷山の上の方の氷はあまり音が立たなくなりますでつ。)
でも、そこから出てくるのは太古の空気。。ロマンがありまつ~♪(昭和基地の含まれる東半球にある部分が東南極大陸で、おもにプレカンブリア時代の39億年から10億年前に固化)

その隊員は氷を持って帰ったのでつが、冷凍庫のアクシデントで溶けて流れてしまいました。それで水道水の水を白く凍らせて友達の家に持って行きました。
オンザロックで飲み始めた友達に ”実はさ~・・”っと切り出そうとすると、”やっぱり南極の氷は美味しいなぁっっっ!!!!”っと しきりに感動しながら飲むので 結局最後まで言い出せずに帰ってきてしまったのでした。。

・・・・っという事を思い出して極地の氷プレゼント!!などを考えてたのでつ。(長い前置きでつ)
今回はとりあえずボクの壁紙でつが、どうしても氷が欲しい!!、っという人はコメントしてね。

きゃんぺーん第二弾の詳細は次回のブログを見てくだたいね~~。

ボクの生い立ち。(その4)

こんにちは、ちっちです。僕は麦の兄ちゃんです。

いつもおとうとがお世話になっております。

麦ちゃん日記が始まってから今月で1年になりました。

これからも麦ちゃん日記を宜しくお願いいたします。

↓  ↓  ↓

001

兄ちゃんがあいさつしているあいだボクはなにをしていたかというと冒険でつ。

2階の窓から外に出てみたのでつ。鋭いとげのあるバラがいっぱい太い枝をのばしているので、ここまで来るのは大変なんでつ。とげがないバラを植えたらいいのに!!

これはポールズヒマラヤンムスクっと言って、あっという間に大きくなるバラなんでつ。(咲いたらどうなるか知りたい人はここを見てね。)

ママがこれを植えたらジャングルみたいになってしまいました。今では屋根の上の電線にまで届きそうになっていまつ。ボクは2階からの眺めをしばらく楽しんでいました。↓  ↓  ↓

001_2

でもよく考えたら ここから2階の窓に戻るのは至難の業なのでつ。なぜかというと画像のように足場が悪いので もしジャンプに失敗したらトゲトゲの上に落ちることになるのでつ。・・・どうしようか考えてたらだんだん暗くなってきました。無言で悩むボク。↓  ↓  ↓

002

小さい子猫が木に登って降りれなくなって救出された、っという話はよく聞きまつが 大人のネコが同じような状態になっても誰も助けてくれまてん。ボクがもっと小さかったらなぁ、、、っと思ってたらパパが窓から外に出ておうちに入れてくれましたでつ。ヨカッタ~

↓  ↓  ↓

003

ボクの赤ちゃんの時の写真があまりにキュートで好評なので3回で終了予定だった”ボクの生い立ち”シリーズが延長になりました♪♪

下の画像はボクが保護されてすぐのときにミルクをもらっているところでつ。ボクの飲み方が悪いのか福井のおとうさんの飲ませ方が悪いのか、あごの下がミルクでベトベトでつ。赤ちゃんがはいはいしながら近寄ってきました。 ↓  ↓  ↓

004

タオルに包まれるとボクは安心します。↓  ↓  ↓

005

福井のおかあさんにだっこされてるところ。

ふわぁ~~♪ ボクのネコのおかあさんもこんな感じだったのかなぁ。優しくてイイ匂い♪♪おかあさんの手に小さな傷がありますがボクがひっかいたんじゃないよ。(たぶん。)↓  ↓  ↓

006

ぽか~~ん、、っとしてるとねむくなりまつ。↓  ↓  ↓

007

ねてしまいました・・・・ZZZ ↓  ↓  ↓

008

ボクは立山にきてからしばらくの間、”チビちゃん”っと呼ばれていました。

ママが ”まだ名前が決まっていないのでチビと呼んでいるんですよ。”っと福井のおとうさんとおかあさんにメールすると、”うちでもチビと呼んでいたんですよ。偶然ですね!!”っとメールが返ってきました。ボクは小さかったのでお姉ちゃんたちがチビ、っと呼んでたんでつ。

でも大きくなってもチビだとおかしいので(兄ちゃんは”ちっち”でそのままでつが・・) パパは”麦ちゃんは?”っと提案しました。それでなんとなく麦ちゃんになりました。もっとスタイリッシュな名前を付けてほしかったでつ。

毎日兄ちゃんにくっついて歩きました。

兄ちゃんは何度もボクをまいて逃げようとしたのでつが失敗したので、もうどうでもよくなったようでつ。ボクが近くにいるのを黙認するようになりました。↓  ↓  ↓

009

大きくなっても押入れの中で兄ちゃんに抱きつくボク。兄ちゃんはあきらめモードでつ。

↓  ↓  ↓

010

ボクのぶろぐ一周年を記念して”麦ちゃん日記一周年キャンペーン”がありますでつ。

詳細は次回のぶろぐを見てね♪♪

1 / 212
top