search
top

弱いおとこはきらいでつか?

猛暑だったので全然手入れしてなかったボクんちの庭。

秋になってもゆうがたになると蚊がとんできてかゆいので放置されていたのでつ。
昼間やっと涼しくなっので にんげんの家族は庭のお手入れでつ。

雨が続いたけど昨日と今日はボクらも、お散歩に行けましたでつよ♪

1

とりあえずパパの車にすりっ、とします。ポンポンにしっぽがふくらんでまつが、お外にでるとコウフンするのでこうなるのでつ。決して恐いからではありまてん。
・・・でも兄ちゃんのしっぽは細いでつね・・・

↓  ↓  ↓

2

隣の家もすりっ、とします。パパとママのテリトリーは狭いけど、この辺りはぜ~~~んぶボクのテリトリーなんでつ!!すごいでしょ。

↓  ↓  ↓

3

家の中ですりすりするのもいいけど、コンクリートのガサガサ具合が最高。ひょぉぉぉぉ~~っ!たまりまてん!!

↓  ↓  ↓

4

久しぶりにあまがえるくんに会いました。日向ぼっこをしてるとこだそうでつ。

ボクは時々かえるを食べるけど、かえるくんに危機感はありまてん。いたってフレンドリー。

5

さいきんよくトンボくんを見かけまつよ。こんなとこで何してるのかなぁ。足でもくじいたのかなぁ??

パパが ”ナツアカネ”か”アキアカネ” じゃないか、っと言って調べましたがちょっと違うみたいでつ。
すごくスタンダードっぽいこのトンボの名前、知ってる人がいたら教えてくだたい。

↓  ↓  ↓

6

すすき♪  夜になるとこの上の方に月が見えまつ。

でも以前この近所の悪ガキ・・・悪い小学生が2人、このすすきを持って、ボクを追いかけてきたことがあるのでつ。” わぁ~、ネコだっ!追いかけろ。挟みうちにしようぜ!!”っと言って走ってきたのでつ。
ボクは恐怖のあまりおしっこをしそうになりながら逃げました。庭の裏に走って行くと、モモちゃんが出てきて助けてくれたのでつ。

↓  ↓  ↓

7

どうやって助けたのかというと、(モモちゃんはボクと同じ毛色をしているので)小学生たちがボクとモモちゃんを見間違えたのでつ。少年たちがモモちゃんに気をとられている間にボクは空き地の秘密基地に逃げ込みました。(モモちゃんはボクより小さいけど、小学生が恐くないんでつ。)

でもそれ以来モモちゃんに会えなくなりました。モモちゃんはきっとボクが弱いダメ男と思って愛想を尽かしたんだろうなぁ・・、っと長い間落ち込んでいました。そしたら昨日パパとママが”夜にモモちゃんを見たよ。”っと教えてくれました。

モモちゃんは飼い猫なので、家の人が誰もいない夜にお散歩に出してるんじゃないかな~、っと思いまつ。(夜だったら車もとおらないから安全♪) 反対にボクは昼に出されまつ。なぜかというと昼も一定の時間帯は車の通りが少ないし、ボクが夜にお散歩に出ると帰ってこないからでつ。(いっかい夜11時に帰ったらおこらりました。) 今、モモちゃんに再会する方法を模索しているところでつ。

ところで春~夏にかけて抜け毛がひどかったのでつが、秋になったら全然抜けなくなりましたよ♪ 暑いうちはどんどん抜けて、涼しくなってきたら冬に向けて毛が生えるようにで きてるのかなぁ。でも近い将来もっと温暖化がひどくなったら、ずっと抜け続けてハゲになってしまうのかなぁ、っと少し心配でつ。

でもさいしょから毛のないネコ もいるんでつよ。スフィンクスっていうんでつ。
どんなネコか見たい人はこちら → 画像はこちら。

パパは”こうもりみたい。”っと言ってたけど、映画ETのモデルになったネコなんでつ。目がぎょろっとしててシワが多いので大人になるとおじいちゃんみたいな顔になりまつ。

全然関係ないけどレース「パイクス・ピーク」の動画でつ。標高2862mから4301mのゴールに向かって、標高差1439mのコースを駆け登るレースで、田嶋伸博っという人 (1950年生まれ)が10分11秒490の記録で、5連覇を達成したときの映像でつ。

動画はこちら。

このレースのワイルドさは、見ての通りだ。参加車は、156のコーナーをクリアしつつ、舗装路と未舗装路(グラベル)からなる約20キロメートルの コースを全力疾走する。800馬力を超える車で、時速209キロメートルを出し、危険な急斜面に挑むドライバーの姿は、本当にすごい光景だ。  (KINOKUNIYA書評)

初開催が1916年で、『インディ500』に次ぐ米国 で二番目に古いレース。パイクスピーク(Pikes Peak)はロッキー山脈の東端にある山。コースは平均勾配7%、ガードレールなどは無く、ハンドルを切り損ねれば600メートルの急斜面を滑落する。ス タートとゴール地点で大きく標高が異なるため、気圧、気温、天候の変化に自動車を対応させる必要がある・・・そうでつ。

年配の人(60歳)なのにスゴイでつね!!こんなドライビングテクニックを持ってたらモモちゃんはボクを見直してくれるかなぁ・・。でもレースの車の助手席に試乗した男の人は(スピードかなり落としてたけど)酔ってきもちわるくなってたでつよ。

ドリフトテクニックをもっと見たい人はこちら

ビールと睡眠の日々。

あっという間に9がつ22にちでつ!!

ふつう忙しいと時間が経つのが早いっていうけど ぽか~ん、、っとしててもけっこう早いものでつね!!

やっと最高温度が29℃以下になったけど相変わらず暑いでつ。(パリ郊外の今朝の気温は5℃だそうでつ。もうホットカーペットを使ってるお家も多いんだって!!・・ふらんすって北半球でしたでつよね??)

でも日本の大人には まだまだビールは欠かせまてん。パパとママがおいしそうにのんでるのでボクもいっかいのんでみたいんでつが、ボクにくれるのは なまぬるい水だけでつ。

↓  ↓  ↓
mugimgu2

YEBISU ASUKA CRUISE〈まろやか熟成〉。スタイルはドルトムント。
ママは金麦みたいにブルーのグラデーションとゴールドの缶が大好きでつ。このビールも世界地図と「飛鳥Ⅱ」のシルエットが”すごくおしゃれ。”っと気に入ってまつ。(でもミミのでっかいおじさん(戎)のデザインはいまひとつだそうでつ。)
通常のヱビスビールよりも多くの麦芽を使ってるそうでつね。パパは特にエビスファンではなかったのでつが、飲んだら深いコクにはまってしまいました。

↓  ↓  ↓

cc1

***ところで、ヱの文字はワ行に属するのにローマ字表記がEBISUではなくYEBISUとヤ行になっているのはなぜか、っと思った人も多いと思うのでつが、古いローマ字のつづり方でエ・ヱのどちらもyeとつづることがあった名残なんだって~。(日本円をYenと表記するのも同じ理由。むかしは江戸をYedoとつづったこともあったそうでつ。(wikipedia)****

それからアラビア語で「ダイヤモンド」を 意味する”ALMAZA”っというレバノンのビール。
ラベルにも大きなダイヤモンドが光ってまつ♪ ピルスナータイプのスッキリした味わいでつ。あっさ~りしてるので おつまみなしでゴクゴク飲めるとママはよろこんでいまつ。↓  ↓  ↓

dd1

あ、それからこの間のブログで書いたきのこがまた生えてきました。

画像のようにさいしょは雪だるまみたいな形でつが、一週間ほどするとかさが開いてふつうのきのこの形になりまつ。食べれるのかどうか悩んでいる間にしぼんでしまいました。

↓  ↓  ↓

fdfdfdf

関係ないけど こんな変な話がありましたでつよ。皆様も”肺がんです。”っと言われたら一度疑ってみた方がいいかもでつ。(肺の中で豆が発芽した話)   http://www.cnn.co.jp/fringe/AIC201008150007.html

下の画像はまたママがボクのブログに勝手に載せたアレンジでつ。

↓  ↓  ↓

dddddddddddddddddd

ブラウンのワレモコウが秋っぽくてチェリーブランデーみたいな色のバラとよく合いまつ。グリーンは利休草がステキなのでつが、数が足りなかったので家にある羽衣ジャスミンとトケイソウの葉っぱを取ってきて、てきとーにおぎなってまつ。

最近ボクのお気に入りのお昼ね場所。ほんとはカーテンにすっぽりと隠れてしまうのでつが 撮影の為開けられてしまいました。

↓  ↓  ↓

mugimugi1

ところで、平成エンタープライズの「VIPライナー」では、東京-大阪間の場合、4列シートの価格帯は普通4000円前後でつ。でも最近片道500円っという「限定ワンコインシート」が提供されているそうでつね~。1乗車日につき1人1席のみの予約で、座席、乗車日、席数などは不定期で発表されるんだって。(常時 ウェブサイトをチェックする必要がありまつ。)

ボクだったら小さいから50円にしてくれるかなぁ。そしたら旅行に行ってもいいなぁ、っと思うきょうこのごろでつ。

水着と水虫とモーツァルト♪

セミが鳴いたり鈴虫が鳴いたり、猛暑だったり朝夕冷えたり、微妙な毎日でつが みなさまお元気でつか?? 先週の田んぼのようす。 ↓  ↓  ↓

11

土日に稲刈りをする農家が多かったみたい。ボクの家の前も半分だけ刈られましたでつ。 モヒカン刈りになってる田んぼ。 ↓  ↓  ↓

ghghg

モヒカンというのは正面から見て髪の中心となるラインが、他の部位に比べて長いヘアスタイルでつ。ソフトモヒカンは「ベッカムヘア」と呼ばれてたそうでつね。ボクもしてみようかな、、っと田んぼを見ながら考えてましたが、これから寒くなるのでやっぱりやめました。

パパが車で走ってたら街路樹が黄色く色づいてきてたそうでつ。 パパは突然 ”金色(こんじき)の~ちひさき鳥のかたちして~ 銀杏(いちょう)ちるなり夕日の丘に~~♪♪” っと歌いだしました。そしてボクが怪訝な顔をしてると”与謝野晶子だよぉ~、知らないの?日本国民だったら知ってないと~!!”っと言いました。(イチョウが散るのは秋の終わりでつ。。それにボク日本国民じゃないもん。)

今日お風呂に入った時、ケガが治ってるこ とに気がつきました。皆様にもご心配をおかけしましたが、ちゃんとツメがきれいに伸びてたでつ。ヨカッタ~~!!(6月21日の日記を見てね。)ケガとすずめとうんこのはなし→http://www.awakecomputer.biz/mugi/?p=288

でも相変わらずお風呂が嫌なのでこれを見てねずみを見習え、っとおこらりました。→ 映像はこちら

でも友達の飼ってたハムスターに油が付いたので台所洗剤でゴシゴシ洗ったら死んでしまったそうでつよ。小さな動物はストレスに弱いんでつ。あの凶暴そうなピラニアだって、水槽で飼ってても物音(戸の開閉など)に敏感に反応するので静かにしてないとストレスで死んでしまうんでつ。(兄ちゃんは湯煙が大好きで自分からお風呂に入ってパパを待ってる変猫でつが・・。)

この間、知り合いのコロネルっというウサギがアルミ冷却スノコっていうのを持ってると言って自慢してたので、ボクの家にも何かないかな、っと探したらスノコ(?)みたいなのはありましたでつ。ちょっとほこりっぽいけど乗ってみました。結構涼しいでつ。 ↓  ↓  ↓

fff

これは庭にたくさんいるシャクトリ虫。なぜかお家の中で発見しました。あれからママが天然の防虫剤を撒いてたけど効果なかったみたいでつね・・。(大きくなると効かなくなるのでつ。) ボクが見つけたのは5cm位のでつ。画像が悪くて見にくいけど下が頭でつ。ミドリのはカワイイけど、グレーで木の枝に擬態するタイプのあまりかわいくないシャクトリムシでつ。枝にくっついていると枯れ枝みたいで見分けがつきまてん。 ↓  ↓  ↓
ffffff

今年パパとママは ”一度プールに行こうか。”っと話していましたが結局猛暑過ぎて行きまてんでした。暑すぎて家から出られなかったのでつ。夕方に5分くらい庭の手入れをするだけで精一杯だったみたいでつ。

プールっと言えばパパが学校で水泳の授業の時、水着を間違えて持って行ったそうでつ。(パパのお母さんが誰かにもらって収納してあったらしいのでつが女の子のブルマーに似ていました。)
パパが通ってた学校の男子は普通、短いズボンのようなスクール水着を着用するのでつ。でも時々ひざまで長さがある水着をはいてる男子がいました。それで水泳の時間に体育の先生が ”変形水着はいてる奴、立て~~~っっっ!!!”っとヒステリックに怒鳴ったそうでつ。
パパは自分も変形水着には違いないので立ちました。そしたら長い水着をはいてる男子の中でパパだけ短いブルマーみたいな水着だったのでみんなに大笑いされたのでした。

パパが恥をかいた話だけだと不公平なのでママのもばらしまつ。
ずっと前、年配の知り合いが ”中国に行った人におみやげでもらった水虫の薬がすごく効くんだけど、日本で手に入るのかな?”っと言いました。その人は体も不自由なのでママが薬局に行って聞いてあげることにしました。その薬の名前は”土槿皮(ドキンピ)チンキ”っといいまつ。
薬局でママが”ドキンピチンキってありますか?”っと尋ねると、お店のおじちゃんがたくさんお客さんのいるところで ”どきんぴ?ああ、水虫のくすりね~!!”っと大声で言いました。ママは”私のじゃないもん。”っと言いたいのを抑えて買って帰りました。

とても喜ばれたのでつが、しばらくするとまた買ってきて、っと頼まれました。結局ママは何度か同じ店で薬を買いました。薬局に行くと、2回目からは おじちゃんはママの顔をみただけで ”あ、ドキンピね。”っと言ってすぐに薬を出してくれるようになりました。ママの苦い経験でつ。
************
調べたら今でも売ってるみたいでつね♪ 中国の水虫のチンキといえば土槿皮チンキなのだそうでつ。(乾燥していて角質増殖が強く、肥厚した水虫用。) 皮がむけながら治っていくそうでつ。 『土槿皮チンキは、中国で白癬菌の治療に用いられて極めて評価が高い生薬「木槿皮」を主原料にした水虫薬です。抗菌・殺菌作用に加え、白癬菌のひそむ表皮の角質層をそれごと剥離するという優れた効果があります。』 っと書いてありましたでつ。土槿皮チンキの成分が多いのと少ないのが売られているようでつ。********

**(ちょっといい話。)**

運航が天候などに大きく左右されるため、ほかの交通機関に比べると出発・到着時間が遅れることも多い飛行機。乗客の安全を第一に考えてのことと分かってはいても、中には「まだか、まだか」とイライラしてしまう人もいるだろう。確かに狭い座席でジッと待ち続けるのはストレスが溜まるものだが、先日、中国・上海で出発が1時間遅れた飛行機の乗客も、まさにこの心境だったに違いない。

8月30日、上海を出発するKLMオランダ航空機は、離陸許可を待ち続けること1時間が経過。いつ出発できるのか、見通しもわからない状況だった。すると、「乗客たちの暇つぶしになれば」と立ち上がったのが、飛行機に乗り合わせていたアムステルダム・シンフォニエッタの面々だ。

公式サイトによると、アムステルダム・シンフォニエッタのメンバーは北京と上海でのツアーを成功させ、オランダへ戻るために同便に乗っていたという。しかし、待ち時間が長くなるにつれ悪くなる雰囲気を少しでも明るくしようと、それぞれの楽器を取り出して通路へと向かうことに。その一部始終を収めた映像がこちら→
映像はこちらです


コンサートの続きはこちら

総勢22人のメンバーは2列の通路に分かれて並ぶと、モーツァルトの楽曲を演奏。メンバーの周囲には遠くの席にいたと思われる乗客たちも集まり、機内はちょっとしたコンサート会場となった。

このメンバーたちの行動が、乗客に楽しみを与えていたのは動画を見れば一目瞭然。演奏する様子に目を奪われる人やリラックスして耳を傾ける人、カメラで撮影したり笑い声が聞こえたりと、和んだ雰囲気が動画からも伝わってくる。そして、演奏が終わると同時に、機内には乗客の拍手と歓声が響き渡った。********

ボクもこんなふうに人を癒す存在になりたいと日々思っていまつ。(普通飼いネコは人を癒すものでつが、ボクはいろんなものを破壊したり真夜中に暴れたりしてストレスを与える存在らしいのでつ。)
きょうも午前3時ごろクローゼットを開けて中にかけてある服をひっぱり出そうとして遊んでたら怒らりました。

1 / 212
top